So-net無料ブログ作成
検索選択

第3弾 [イダイケの涙]

実はワタクシ、「金子みすゞ いのちへのまなざし」「恵信尼ものがたり」に続く第3弾を構想中でございます。タイトルはですね…何だかはずかしいな…。

 かんむりょじゅきょう
『観無量寿経をひもとく物語 イダイケの涙』

これをやってみようかなと思ったそもそもはですね、今から5年ほど前ぐらいでしょうか…もっと前かな…(汗)
高田派の布教使 井東信道先生が「君は役者さんなんですってね、観経(略して「かんぎょう」)をお芝居にしたらどう? ボクも前に台本を書いたから、それあげるよ。読んでみて」と。

これが始まりでした。
井東先生に頂いた台本を興味深く読ませて頂きまして、私なりの台本を試行錯誤してきました。
お経ですので、仏教に詳しい先生やら気の置けない仲間のお坊さんたちにも台本やデモテープを聞いて頂きまして、手を加えて参りました。

いつかできればな…
まぁ〜なごみ庵で来年にでもやりたいな…
せっかくだから一度はやろう…
そんなのんびりした感じで思っておりました。

そしたらですね…
デモテープを聞いてくれていた高田派若手のホープ、赤坂のお寺のご住職が「観経のお芝居できてるんですか? 今年の報恩講でやりませんか?」って屈託のないカラッとした声で言うではないですか。

じぇじぇじぇ!!!(「じぇじぇじぇ」を使うのは「今でしょ!」って感じでした(笑))

え〜〜〜マジで???

嬉しいやら…気後れやら…

元来私は、自分に自信がないといいますか…小心者といいますか…。
誰かに背中を押してもらわないとダメなんですね…。

赤坂のご住職にも正直に、まだ一度もやっていないことを伝えました。そしたらですね「ウチのご門徒さんはうるさい人はいませんから、練習でやっちゃってください」と太っ腹なことを言うではないですか…。

う〜〜〜〜嬉しい〜〜〜涙がちょちょ切れるぐらい嬉しい…。
なんと男前なご住職なんだ。
惚れてまうやろ〜(これはちょっと古い?(笑))

きっと機が熟したんだ…そうだこのご縁がきっとそうだ…いつやるの? 今でしょなんだ…(笑)
本番が決まらないと進むものも進まないものなんだ…。学生の頃の一夜漬けもそうだった。お尻に火がつかないとダメな私なんだ…。

そんな色々な言葉が頭をグルグル (^_^)

そうだ!見て頂いて、育てて頂こう。
そう決めました。

で、試しに なごみ庵で公開稽古をしちゃいました〜 (^_^)
ボーズがね、法話会で声をかけて稽古を見てもらおうよって言うものですから…。
演劇業界ではこれを公開ゲネプロといいますね。

ボーズのおばさまをはじめ、計4名の方にご覧頂きました。
一般の奥さま方にはわりかし好評!!!
面と向かっては良いことしか言いにくいものね(笑)

まぁこれからこれから。
私のかわいい作品に育ちますように…。

nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

人形の安藤です

恵信尼様のもまだなのに、見てみたい!
これは、お一人なんですね。
ご盛会を念じます!
by 人形の安藤です (2013-09-24 14:33) 

デルグロッソ 秀子

お経の中にそのようなドラマチックな要素が含まれていたなんて!!自信をもってみんなに広めて一人でも多くの人に観ていただきたいとおもいました。
by デルグロッソ 秀子 (2013-09-24 15:08) 

ボーズandカナコ

>人形の安藤さま
そうなんです、これは一人なんです。みすゞさんの舞台とはまた違った仕上がりになっています。語り芝居的な感じです。一度ご覧下さい、そして色々ご指導頂きたいです。

>デルグロッソ秀子さま
暖かいお言葉有り難うございます。自信はまだまだ持てませんが…ご縁が広がるといいな〜と思っています。
by ボーズandカナコ (2013-09-24 21:57) 

修理屋侍

おおっ!
偉大なる第一歩ですな。

ゆっくり育てて大きな樹に。

是非お邪魔させて頂きたいですな。
by 修理屋侍 (2013-09-28 01:22) 

ボーズandカナコ

>修理屋侍さま
後押しして下さるみなさまのお陰で、第一歩を踏み出すことが出来そうです。
有り難うございます m(_ _)m
by ボーズandカナコ (2013-09-29 15:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0