So-net無料ブログ作成

ふたり語り [恵信尼ものがたり]

実は、ボーズと私、ふたりで語りをやる事になりました。

来年(2012年)の4月、高田派の本山で、親鸞聖人の750回大遠忌(だいおんき)が営まれます。
親鸞さまが亡くなって750年目の法事ですね。報恩講(ほうおんこう)と言われます。報恩講は毎年行われますが、大遠忌は50年に一度。

50年ごとですので、次の大遠忌は800回大遠忌と言う事になりますので、生きているかどうか…。一つ前の700回は私は生まれていませんしね…。最初で最後の大遠忌かもしれません。

報恩講はですね……
親鸞さまの命日をご縁に、仏縁に出会えた事を喜んだり、自分がどれだけダメかを気付いたり、教えの恩に報いましょうと行われます…だと思います (^_^;) 

その本山の750回大遠忌報恩講で、たくさんの方の法話があったり(実はボーズもその中のひとり)、盛大に10日間ほど執り行われます。その中に青年会の持ち時間があり、その時間を少し趣を変えたいのでお芝居をしませんか、とお声がかかったのです。青年会の時間なので青年会から出したい事と、以前、本山でも金子みすゞのお芝居をさせて頂いたご縁がありましたので、お話しが来たようです。

いや〜〜〜恐れ多い……。むりむりむり……。

しかし
私の横でボーズが「はい、わかりました」と快諾しているではないですか…。

え〜〜〜〜〜 (-_-;) 


それからボーズとふたり、あわあわと準備を始めました。
いろいろな本を読みあさったり、詳しい先生方や、気の置けないお友達にご相談しまして、台本をボーズが執筆。

出来たのが、ふたり語り「よきひと、親鸞 〜恵信尼ものがたり〜 」です。

恵信尼さまとは、親鸞さまの奥さまで尼僧です。恵信尼さまから見た親鸞聖人、おふたりでどんな人生を歩んで来られたのか、その辺りを、ボーズと二人語ります。

4月に公演するにあたり準備していましたら、ボーズの親寺、成就院さんでやらせて頂ける事に!!!
それが2011年11月5日の成就院の報恩講。
みすゞの公演も成就院さんから始まりましたので、本当にあり難い限りです m(_ _)m

いやはや、緊張しましたね。心臓が飛び出しそうでしたよ (^_^;) 

P1020348.cng.jpg
譜面台に台本を置きましてね。少し演劇のエキスも入れまして…朗読していきます。頭巾はワタクシの手作りです。尼僧さんに見えますか?

P1020346.cng.jpg
こんな感じです〜。

12月のなごみ庵の報恩講でも、公演する予定です。上演時間は45分ぐらいでしょうか。
お時間があればぜひいらして下さいね。

なごみ庵報恩講
2011年12月9日(金)19時から。10日(土)13時から。

これから、ふたり語り「よきひと、親鸞 〜恵信尼ものがたり〜 」をどうぞお育て下さい。
よろしくお願いいたします m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0